イオンモール

0
    JUGEMテーマ:日常で気になった物事

    中国で、たこ焼き店を経営し、
    2005年に起きたデモで日本円で1200万円の被害を受けた店主が、
    中国政府から支払われた補償金はわずか7万円だったということを
    先日のバンキシャ!で見ました。

    今回、青島のジャスコ、
    すごい損害だなと思って見ていましたが…

      ↓ それでも……なんですね。

     

    イオン、中国で新たに大型モール

    - 時事通信(2012年9月26日16時40分)

     イオン傘下のイオンモールは26日、中国で新たに三つの大型ショッピングモールを出店する計画を発表した。天津市と蘇州市、広州市で、2014年下期のオープンを目指す。

     イオンは、ジャスコ黄島店(青島市)が反日デモ隊の被害に遭ったが、「今回の問題とは関係なく出店は計画通り進めていく。中国の重要性は変わらない」(経営企画部)と説明している。 

    [時事通信社]


    追記

    反日デモ襲撃被害

    7億円のジャスコ、来月再開へ

    読売新聞 10月4日(木)21時50分配信

     イオンは4日、中国の反日デモで襲撃を受けた「ジャスコ黄島店」(山東省青島)の営業を11月下旬をめどに再開すると発表した。

     同店は9月15日に発生した反日デモの際、暴徒が侵入し、商品や陳列棚などが壊される被害を受け、休業している。

     同社によると、商品や備品などを含めた被害総額は7億円程度だが、「保険などの適用で業績への影響はほとんどない」としている。従業員や利用客に被害はなかった。

     イオンは、中国国内で現在ジャスコ35店舗を展開しており、反日デモの影響で一時は最大30店舗を臨時休業した。ただ、「今後の中国での出店計画に変更はない」としている。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    jugem plus

    travel

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM