ウォシュレット修理

0
    午前中修理に来るって言うから
    ずーっと部屋で待機していた私。

    10:30になっても来ないので
    不動産屋の子に確認してもらったら
    12時までには…
    というので、更に待つ。

    20日はイオンに行きたかったけど
    京東に頼んで…

    そしたら、修理の人、パンユウから来るのに
    渋滞してて、13時過ぎになるかもしれないっていうので、

    サッとお昼ご飯食べてテレビ見てたら

    子どもたちの学校から着信入ってて……


    次男がトイレで滑って頭打った

    お昼ご飯が食べられなくて
    保健室で寝ている


    というんで、ウォシュレット修理は
    不動産屋の子にお願いして

    子どもたちを学校に迎えに行きました。


    結果から言うと、
    幸いたんこぶができた程度で済みました。

    帰宅してから次男も私も昼寝。


    ウォシュレット修理は帰宅途中で報告受けて



    どうも、水に濡れたために
    接触不良になったそうです。

    そんなことってあるんだ…。


    一週間前は真剣に困っていたけど
    最近ちゃんと動くようになっていたので
    修理しなくてもいい程度かと思ってました。


    修理代400元。



    テレビ見てたら、
    画面が固まって、エラー表示。

    モデムの電源抜き差しして対応。



    赤いじゃがいもでじゃがバターコーン作りました。

    浄水器フィルター交換

    0

      JUGEMテーマ:中国・広州生活

      IMG_20181214_174417.jpgIMG_20181214_174422.jpg

       

      半年ごとのフィルター交換。

      130元。

       

       

      子供たち、学校で面談が始まったので

      早く帰ってくるようになりました。

       


      ドアの鍵(ロックシステム)交換

      0
        昨日の今日で交換してもらいました。

        2300元、自腹です。


        電池はナンフー(中国で一番信頼されてるって、ほんと??)
        3ヶ月に一度交換するように言われました。


        入居するとき、
        カードキーのみ2枚渡されました。

        自腹で二枚追加しました。


        今回マスターキー5本、
        根付状の鍵2つ受け取りました。

        うちマスターキーは
        大家と不動産屋各一本渡しました。


        ………文字に落としてみたら
        腑に落ちない。

        なぜ前の住人の液垂れ後の後始末を
        私らが自腹でせねばならない…。

        そして。
        鍵も私達のおかげて増えた…という…。

        新しいものが必ずしもいいものでもない

        0

          JUGEMテーマ:中国・広州生活

          数日前、長男が玄関の鍵の電池を交換しました。

           

          が、なんか調子がいまいち。

           

          昼に帰宅したとき、ひやりとしましたが

          なんとか中には入れて一安心。

           

          「電池残量有りません」の表示が出てたので

          子供が帰宅したあとに、

          これじゃまずいと思ったのでまた電池交換。

           

           

          夕方外出し、買い物してたら雨に降られ、

          結構ずぶ濡れになって部屋の前に来たら

           

          …家が開かない。

           

           

          マスターキーをもってきてもらおうと不動産屋さんに電話するも

          アフターサービス担当が捕まらない……

           

          営業の子に電話したら、

          管理事務所に連絡してくれるとのこと。

           

          …もってきてくれないんだ…

           

          と思いつつ、それは言わずに管理事務所待ち。

           

           

          パスワード間違えたんじゃないのか?と言われながら

          何度も何度もカードキーをかざしたり

          パスワード入力したりしてみたけど結局開かず。

           

          最終的に営業の子に電話して、

          マスターキーをもってきてくれることになったんですが

           

          「雨が上がったからだいじょうぶだと思いますが、

          30分ぐらいかかります」

           

          と言われ…待つこと40分…。

           

           

          マスターキーは1本しかなくて複製できないから気をつけて使うように言われてプレッシャー。

           

           

          その件モーメンツに上げたら、

          以前のアフターサービス担当の子が

          「部品がいかれてるから交換しなきゃダメです」って教えてくれました。

           

           

          管理事務所の人は「もう上がる時間だからかえるけど

          修理士呼んで来てもらうように電話番号教える」と、

          電話番号教えてくれました。

           

           

          「前にも、ベランダ締め出し食らったときにお世話になりました」と言ったら

          「覚えてる」と、笑われました…。

           

           

          新しいばかりがいいものでもないですね。

           

           

          夕飯はすきや

          鰻丼。

           

          写真撮ったつもりがこれだけでした。

           

           

           

           


          玄関ドアの調整

          0

            JUGEMテーマ:中国・広州生活

            ドアが勢いよくバタンと閉まります。

             

            前のところは、ゆっくりと閉まったので、

            それが気になったので

            担当の子に言ってみたら

             

            調整してもらえることに。

             

             

            昨日もジムに行ったけど、

            もう少し、なまった体をほぐしたかったので

            ジムに行きたいなと思っていたのですが、

            結局行かれませんでした・泣

             

             

            マンションの修理係の人が来て

            調整してもらえたけど、

            最後に「費用30元」と言われて、

             

            私は仕方ないなと思ってたら

            担当の子が、「こういうの、管理費に含まれてるんじゃないの?」的な

            ことを言って抗議したら

             

            「わかったよ…。次からは有料だからね。」と言って

            引き下がっていきました。

             

             

             

            洗面所の水回りが、白くなって(水垢?)

            すごく汚かったんです。

            写真撮っておけばよかったかなと思ったのですが。

             

            ダイソーで、水垢取り(研磨しちゃうけど)

            スポンジ買って磨いたらきれいになりました。

             

            私が前住んでた部屋より(新築だから当たり前だったけど)

            劣化が激しくて閉口します。

             

             

             

            ぼけぼけでした…。

            洋服の染み抜き材の実演をやっていたようでした。


            引っ越しこもごも

            0

              JUGEMテーマ:中国・広州生活

              そういうわけで、大家都合で引っ越しを強いられ

              退去したわけですが。

               

              今回は売る手前だからなのか

              特に退去時に大家が家を見に来るわけでもなく

              修理金など請求されずに

              すんなり退去することができました。

               

               

              退去通知出たときには、

              もう残念で残念で、心残りで…。

               

              新居探すにも、

              日数がないので

              提示された数少ない物件から選べと言われ、

              かなり反発して探してもらいました。

               

              一度内見させてもらったのですが

              当時住人がいて、

              全部は見せてもらえず、

              写真を撮らせて欲しいと仲介に入った不動産屋さんが

              お願いするも、

               

              「写真はオーナーに渡してあるでしょう」と言われ…

               

              自分も、見られる側だったので

              まあ仕方ないかと

               

              ベランダからの景色のみ撮らせてもらいました…。

               

              その景色がよかったものだから、

              全体的に部屋が多少狭いと感じた物の

               

              「もうここに決まり!」

               

              って、テレビショッピングみたいな物でした。

               

              しかも、内見は私だけで夫は諸事情で行かれず

              事後報告だったという…。

               

               

              8月の頭に不動産屋さんから引っ越し用の段ボールを受け取り、

              ちまちまと詰めてったんですが

              さすがに引っ越し前日は夫にも仕事を休んでもらい、

              結構頑張って荷造りしたんですね。

               

              とか言いながら、

              銀行ATMでカードを取り忘れ、

              翌日引っ越し当日に、

              「吞卡」後の受け取りに出向いたわけですが。

               

              うちの他にも、後2枚、飲まれたカードがありましたよ。

               

              パスポート提示、短時間で済み、

              よかったです。

               

               

              引っ越し数日前に、

              やっと引っ越しの時間を告げられ、

               

              8月31日に前の住人が退去したので部屋見ますか?

              と、聞かれたので見に行ったら、

               

              仲介担当の子が

              「このままで住めるくらいきれいにして出てってくれてます」と

              べた褒めしながら搬入時の打ち合わせ。

               

              9月1日、新居の部屋掃除をしてもらい、

              更に夕方最終チェックをしに行きました。

              その時、新居の鍵をもらい、

              「運びたい物があったらどうぞ」と言われたので

               

              冷蔵庫の中身だけはとりあえず移してしまおうと

              持っていったら、

               

              なんと、冷凍庫、霜は当然ついていて、

              下の引き出しにほ氷が絡みついて、開きません!!

               

              早速の仕事が、冷凍庫の霜取りだとは……。

              (自分はそういうのもあって、

              退去時に冷蔵庫の電源落として霜取りしましたけど)

               

              8時過ぎにやっと溶けましたかね。

               

              明日は朝からまた忙しいから、と、

              気合い入れて寝ようとしたら、

              逆に緊張して眠れず…。

               

              朝ご飯食べてからまたすぐに作業。

               

              9時から始まる、

              人手は足りてるから大丈夫、

               

              というのですが、

              やはり心配。

               

              これは胸騒ぎだったんでしょうか?

               

               

              そして、朝9時。

               

              やってきたのはヨレヨレの、

              いかにもどんどん運びますよ!と言わんばかりの

              現地民のおっさん方4人。

               

              あれ?

              どうしたんだろうと思いつつ、

               

              「全部やってもらえるんですよね?」と、

              数日前に確認したはずだったんですが

               

               

              ふた開けてみたら、

               

              おっさんたち、持ってきたのは台車だけ!!

               

               

              不動産仲介担当の子に、

              「あれ?お皿はどうして運べばいいの?」と聞いたら、

               

              「自分で詰めてください」

               

              と。

               

              「え?だって、梱包材がないのにどうやって??」

               

              と、尋ねたら、

               

              「前もって言っていただければ用意したんですが…」

               

              って、

               

              そこではじめて、

               

              「今回引っ越しは日系業者じゃないんですね」

               

              って告げられ、大ショックの私。

               

               

              こっちこそ、前もってそれ言っておいてもらえれば

              自分でなんとかしたよ!!!!

               

               

              的な。

               

               

              放心状態の私に、

              「大丈夫です。みんなで運びましょう!」

               

              って、新居に運んでったカゴ(バスケット)を回収してきて、

              それで運ぶことになったんですが、

               

              回収してきたカゴ違いで、

               

              汚れ物の洗濯物を入れるカゴを持ってこられまして!

               

               

              え…

               

              それに、きれいなお皿入れて運ぶの…?

               

               

              みたいな。

               

               

              良く見りゃ、うちの中ほぼ土足状態だし、

              家の中のもの、外に出したら直置きしてるし。

               

              きれい、汚い言い出したらもうきりがないと諦めました。

               

               

              途中、お昼休憩を挟むのかと思いきや、

              終わりが見えてきたらしく、

              おっさんたちは、全部やりきって帰りたいみたいで、

              1時頃までかかって搬出、搬入をしました。

               

              おっさんたちが帰った後、

              一度ご飯を食べに外に出て、

               

              それから

              細々とした物を集めて片付け、

              3時半前にはすべての手続きを終えて退去しました。

               

              最終チェックしてくれた担当の子が

              「忘れ物あります」って教えてくれて……

               

              ちょっと残ってたんですね。

               

               

              それからもうずっと、開梱作業。

               

               

              子どもたちがお風呂が汚い、と、騒いでいたけど

              一応掃除してくれてあるはずだから、と、

              さーっと流してお風呂入れたけど、

               

              自分が最後に洗い流して出てくるときに

              めっちゃ汚かったことに気づいてがっかりしましたね。

               

              と、同時に、

               

              こんな汚くしてても、いいんだ!

              という開き直り…。

               

               

               

              新居のいいところ:景色。

              風呂場が明るい。

              収納スペースが多い。

              キッチンから物干しベランダに出るところの段差が深く、

              今までドアを閉めるときにいちいちサンダルの位置を

              直していたのが必要なくなった。

              同じ棟の日本人住人が少ない。

               

               

              悪いところ:前のところに比べると全体的に狭い。

              (何度も何度も広さは確認したんだけれども、

              特に、物干しベランダは狭い。)

              玄関ドアに隙間がある。

              朝から何度もゴキブリを見ている…。

              (今まで部屋でゴキブリを見たことなかった)

              リビングダイニングの照明が暗い。

              (オーナーに替えて欲しいと頼んだけど却下されていた)

               

               

              前回の駐在の時には、引っ越しにあこがれていたけど

              そんないいものでもないと言うことがよく分かりました。

               

               

              無事、昨日中に、ほぼ段ボールをゴミに出して、

              後は、収まるべきところに収めていくだけ

               

              といいつつ、開梱しながら丁寧にしまってかないと

              ずっとそこが定位置になってしまうと言う恐ろしさ。

               

               

              帰任まで、この部屋にお世話になれるといいなぁ…。

               

               

               

              余談:退去時に一応掃除機もかけ、

              トイレ掃除、水回り掃除もして出てきましたが

              後日掃除に入るからいいとのこと。

               

              大容量のゴミ袋は、その時使うので置きっぱなしでいいというので

               

              使ってたぞうきんはいるか?

               

              と、不動産屋さんに尋ねたら

               

              「私は要りません」と、苦笑されました。

               

              いや、あなたじゃなくてさ……

               

              と、ゴミ袋に入れようとしたら

               

              「お掃除のおばさんが使うので残しておいてください!」と

               

              だからはじめからそう聞いていたのに。


              内見

              0

                JUGEMテーマ:中国・広州生活

                実は我が家が住んでるお部屋、

                ただいま売りに出されております。

                 

                一ヶ月前に

                「大家さんが部屋を売りたいので、

                買い手を連れて行くので部屋を見せてください」と

                不動産屋から連絡が入り、

                 

                あら、もう買い手がいるのね、と

                 

                承諾し、結果(売れるのか売れないのか)分かったら

                連絡くださいねと伝え、

                 

                私は現場に立ち会わなかったんですが

                 

                 

                数日後、偶然ネットで我が家の部屋の売り情報が載ってるのを発見してしまい、

                メチャクチャ焦りました。

                 

                なんで?

                「買い手連れてく」って言ってたじゃん???

                 

                と、後から問いただしたら、

                 

                「すみません、私も知らなくて。

                オーナーと一緒に来た若い女性が

                スマホで写真撮り始めたので止めたんですが…」

                 

                なんで、あらかじめ

                不動産販売業者連れてくるからそのつもりで、って

                言わないのかな!!

                 

                でも、設定されている金額見たら、かなり高めで、

                これならも少し広い新築物件も、あと少し出せば

                手が届くからどうだろうねぇ〜?

                 

                と、のんきに構えてたら、

                 

                今週の月曜日に

                「オーナーがすぐにでも退去して欲しいと言ってます」

                と、不動産屋から連絡が入り、

                 

                今週金曜日から、内見の客を連れて行くから、

                と、言われました。

                 

                木曜に

                「明日10時半に来るんですよね?」と不動産屋に確認したら

                 

                「オーナーから返事がありません。

                行くようであれば必ず今日中に連絡入れます。」

                といわれ、連絡なかったので来ないんだなと、

                 

                金曜日10時頃、再度

                「今日は来ませんよね」と念を押す確認したら

                 

                「今日の3時から3時半の間に行きたいと言ってます」

                 

                って、ええええ〜〜〜〜???

                 

                今日から子どもたち、半日で帰ってくるし!

                急に言わないでよ!

                 

                私は内見には立ち会いたくないので、

                子どもたち連れて、その間買い物に出るつもりで

                 

                「スリッパ用意しておきますので

                履いてもらえるようお願いします」と、

                不動産屋さんに託し、外出。

                 

                長男は昼寝したいというので在宅。

                 

                時間見計らって帰宅したら、

                長男が

                男の人が鼻くそ落としてったから掃除して!!」と。

                 

                長男の話から、やはり今日の客も

                地元不動産販売業者だったようです。

                 

                私は、暑いだろうからと全室エアコン入れて出かけました。

                 

                すると、どうでしょう。

                奥の主寝室から生暖かい風が……。

                 

                なんと!

                出窓全開じゃありませんか!!!

                 

                しかも、良く見りゃ床にスリッパのあと

                 

                そう、スリッパでベランダに出て、

                それで部屋中歩き回ったらしいのです。

                 

                あり得ない。

                 

                「オーナーの好意でここに住まわせてる私には

                文句を言う筋合いはないのかもしれませんが

                こんなことなら、今すぐにでもここを出たいです!!」と

                不動産屋に伝えました。

                 

                ベランダにスリッパで出た件は、

                ベランダ用の履き物がなかったのが悪いような言い方されて…

                 

                出ないもの、ほこりが飛んでくるから

                窓だって滅多に開けないもの。

                 

                やだなぁ、この先ここにいる間

                ずっとこの「内見」がついて回るんだもの。

                 

                ホントに、日本人と中国人の感覚って違いますよね。

                 

                news1.jpg

                広州の不動産バブルも、いつはじけるでしょうか。

                 

                 

                 

                夕方、次男とプールに出かけたら、

                長男に背丈、体格、風貌そっくりな子どもがいて

                ビックリしました。

                どことなく顔も似てます。

                さらには、振る舞いも似ていて

                ホントに、二人を引き合わせたかった!!と、思いました。

                 

                東駅イオンに、おでんコーナーができてました。

                …暑いのに…。

                 

                通りで見かけた看板。

                フルツサラダは何となく分かるけど、

                キグチってなんなんでしょう?

                 

                 

                後日記:「キグチ」って魚の名前なんですね?

                黄花鱼とかいう。


                部屋メンテ

                0

                  JUGEMテーマ:中国・広州生活

                   

                  以前、部屋の壁紙が剥がれてるのを直すときに、

                  主寝室の壁の色が、グラデーションかかってたんで、

                  ついでに見てもらったんですが、

                  その時は「こういうものだ」で、済んだと思ってたんですけど

                   

                  業者の人、3人くらいで見に来ました。

                   

                  実は「壁紙」ではなく、

                  板でできた壁、そのものが変色してたらしく、

                  壁を新しく張り直す、とのこと。

                   

                  それで、寸法を測った、ということでした。

                   

                   

                  春節頃に壁が出来上がるので、

                  一日がかりで張り替えに来るって……。

                   

                   

                  ほこりが立つだろうから、主寝室の衣類、布団類、

                  ほこりかぶって困るものは全部避難させろ、と……

                   

                   

                  壁紙も、保証期間過ぎたけど、

                  また剥がれてるところ見つけてしまったので凹む…。

                   

                   

                   

                  不動産屋さんがうちに来るついでに、

                  エアコンがカタカタ言うのでそれも見てもらいたい、と、

                  マンションの管理室からスタッフを呼びました。

                   

                  結果、なんともない

                   

                  これ以上大きな音が出るようになったらまた

                  連絡くれ、と。

                   

                  そ、そうですか…。

                   

                   

                   

                  管理室のスタッフは、だいたい

                  部屋に上がる前に、靴の上からビニールをはいて

                  入ってきますが、

                   

                  それ、随分前からはいてますよね…?

                  下手したら、下から、エレベーター乗る間もはいてますよね?

                  状態です…。

                   

                  意味ない…。

                   

                   

                  業者の人たち、マンションの人たちが帰ったあと、

                  消毒液で床を拭いたのは

                  言うまでもありません…。

                   

                   

                  これで工事入ったら…………。

                   

                   

                   

                   

                  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                   

                   

                  寒くなりましたが、家の中は結構暖かいです。

                   

                  昼間なんか、エアコン(涼しくする方)つけちゃったりしました。

                   

                  ただ、朝晩窓際はすきま風入ってくるので

                  かなり寒いです。

                   

                   

                  湿度もかなり下がりました。

                   

                   

                  5年前は、マンションが違ったからだと思うけど

                  寒いは寒かったし

                   

                  お店行っても寒いのが当たり前だったけど

                   

                  5年前と違って、

                  コートや上着を着込んだまま

                  ご飯食べたり仕事したりっていうのはないくらい、

                  「暖房」が発達したような気がします。

                   

                   

                  DSC_2997.jpg

                  ユニクロのセール(11月24日〜12月1日まで)が

                  かなり魅力的に見えるけど…

                  日本円に換算すると、やはり高い…ような…。

                   

                   

                   

                  DSC_2996.jpg

                  イオンも頑張って薄切り肉出してるので…

                  今度試してみよう…。

                   

                  韓国肉、牛肉の薄切り買ったつもりだったけれど、

                  固めなんですよね。


                  ウォーターサーバーの水が…

                  0

                    朝ごはん食べてる時は何でもなかったのに
                    子どもたちが出かける頃、
                    ランドセル付近が水浸しになっていました…!!

                    慌ててタオルを集めて拭き取りました。



                    樽とサーバーの接触部分から
                    ゴボゴボと湧き出してる感じでした。

                    が、午後から不動産屋さんが見に来てくれた結果、

                    サーバーの原因でなく、
                    樽に小さな穴が空いてるから、
                    そこから漏れたんでしょう


                    と、いう見解( ゚д゚)

                    ついでに
                    トイレの電球が切れてたんで
                    交換してもらいました。


                    不動産屋さんを見送ったあと、
                    台所の照明が全部ダウン(スイッチ入れてもつかなかった)したので

                    なんで〜???_| ̄|○


                    でしたが、数分後またスイッチ入れてみたら
                    ついたので、メデタシメデタシ。



                    今日は午前中大雨が降ったので
                    結局どこへ出かけるでもなく…

                    でも、食材は必要だったので
                    饿了么使って、日華の配達を頼みました。

                    5元で配達してくれるし、
                    支払いは微信経由だし、楽ちん♪


                     

                    夕飯に、日華の「黄金カレイ」で煮魚したんですけど

                    子供たちにはちょっと苦みがあるようで不評でした。

                    安い魚(4切入・25元)はダメか…。

                     

                     

                    広州でも、身が固いカボチャが普通に売られるようになっていて

                    とてもうれしいです♪

                     

                    でも、白砂糖が切れてしまい…

                    (早く来い、船便!)

                    イオンには日本の砂糖が売ってなかったので

                    苦し紛れに

                    紅糖…。

                     

                    <<黒糖>>

                     

                    カボチャと黒糖は合わないことがよくわかりました。


                    本帰国しました〜!

                    0
                      JUGEMテーマ:中国・広州生活

                      2012年7月12日、約1年7ヶ月の広州生活に終止符を打ちました。
                      私のつたないブログを読んでくださって、ありがとうございました。

                      まだ、書き足りないことがありますので、
                      あと少し「広州つれづれ日記」は書くと思いますが
                      今回はこの引越&退去騒動について、忘れないうちに書き留めておこうと思います。

                      我が家は先に赴任した夫が十数件下見した後に決めた、
                      ローカル不動産会社仲介による
                      天河新作に住んでいました。
                      今は太古?もできて、とても便利な場所です。
                      が、当時はまだ工事中で、ほこりも多く、
                      環境は悪かったです。

                      天河新作は2008年オープン。
                      私たちの前には日本人が二組住んでいたそうで、
                      家電も殆どそろっていました。

                      入居するに当たってリクエストしたのが
                      ウォシュレットをもう1台とフードプロセッサー。
                      ウォシュレットは入居前につけてくれましたが、
                      フードプロセッサーは、去年の更新時に
                      こちらから断りました。

                      担当子からは、オーナーはこの物件をものすごく気に入っているので
                      汚さないようにと釘を刺されていたのです。

                      我が家は二人の幼児がいますので、
                      去年、引っ越しも考えましたが、
                      手間を考えて、そのまま更新することにしました。

                      更新時のリクエストは、殆ど却下に近い形でしたので

                      今思うと、引っ越しておけば良かったな、と後悔しています。


                      先にも述べましたが、
                      我が家、幼児(男)二人です。
                      車(トミカ、バス)が大好きで、
                      遊んで落としては床に傷を作ってしまいました…。

                      退去するに当たって、オーナーは床の張り替えを要求してきました。
                      更新時にも、すごくこの傷を気にしていたんですよね。

                      はじめ不動産屋担当子は、
                      「オーナーにちょっとお詫びのお金を支払えばいい」と言っていましたが
                      それでは済まされず、張り替えに…。

                      担当子は、「百安居に行けば安い床板が売ってる」と言ってましたが、
                      オーナーと一緒に見に行ったところ、
                      オーナーは安い床板ではウンと言わなかったため、
                      近くの建材店で、オーダーしてきたと言い、それが1280元。

                      天河新作の床は、元々板ごとに色や模様が違うのですが、
                      それでもオーナーは、最後の最後まで色にこだわっていたようです。

                      色って言うより、価格かも。
                      高ければ高い方がいい、みたいなところがあるので。

                      それで、張り替え業者に来てもらって、
                      作業代を見積もってもらったんですが、
                      そのとき業者は
                      「中国では当たり前の傷。直す必要がない。」といって
                      取り合ってくれなかったのです。
                      何度も何度も説明した結果、渋々寸法を測って見積もった、
                      という感じです。

                      張り替え作業代、300元。

                      床板張り替え代としては、合計1580元でした。

                       

                      次にソファーです。

                      子どもたちがソファーに落書きをしてしまったため、
                      オーナー同意の下、張り替え修理に出したんです。

                      ところが、できあがりを見て、オーナーは納得がいかず、
                      先に支払った内金2000元を返金するようにと
                      張り替え業者に言ったそうなのです。

                      その業者、私に電話をかけてきまして、
                      「オーナーの要求は高すぎる!
                      修理は終わってるんだ。
                      残りの2300元寄こせ!
                      でないとおまえを訴えるぞ。」と言いました。

                      できばえが納得いかないというオーナーの言い分を汲み、
                      中国政府機関の品質保証部役人を連れた担当子が
                      収めてくれたみたいなんですけど、よくわかりません。

                      ソファー、元々9400元なのだそうです。
                      まだその辺で売られているそうなのです。

                      で、オーナーとしては、私たちに、その9400元を負担するように
                      望んでました。

                      結局、私たちが7400元、
                      不動産屋が2000元(修理業者から返金されなかった分)、
                      オーナーが2000元負担するということになりました。

                      それはでも、オーナーのわがままだと思いませんか?

                      えぇ〜!?

                      ソファー、9400元!?

                      ですよ…。



                      オーナー:これで次に入居する人も、

                      このソファーを気に入るはず!

                      私からすると、そんな高いソファー、
                      弁償すること考えたらおちおち座れません!

                      というか、
                      普段も、あのソファーに座ってゆっくりくつろいだ記憶など
                      殆どありません。

                      思うんですけど、
                      他人に貸すのに、なぜそんな高価な家具を入れるんですか?

                       

                      そして、極めつけは、壁の塗り替え代、3500元です。

                      350元ではありません。

                      当初、担当子は
                      「壁の塗り替え代はそんなに高い物じゃない。
                      百安居で安い塗料を2瓶買って塗ればいい」と言っていたので、
                      そんなに高いとは7月10日、夕方、担当子からメールが来るまで
                      思いも寄りませんでした。

                      それで、引っ越し業者がちょうど作業を開始し始めた
                      7月11日、午前10時頃、
                      担当子がやってきました。

                      この忙しいときに…!

                      と、夫もピリピリしてました。

                      私も、「なぜ壁の塗り替え代に3500元も
                      私たちが払わなくてはならないの?」と、聞きました。

                      結局すべてオーナーです。

                      ・私たちが汚した一部分だけ塗るのでは色に差が出る

                      ・安い塗料では部屋が臭くなる

                      ・少なくとも2度塗りは必要

                      で、だからって何で?3500元?

                      全体を塗ると四千数百元かかるけど、
                      そのうちの3500元は払ってください、と。

                      新作の壁は、ただでさえ崩れやすく、
                      そして、元々の素材がよくないせいで
                      かびるし、色も黄ばんでいます。
                      最も、オーナーが自分でリフォームしていれば話は別ですが。

                      納得いきません。
                      2/3以上借り手負担なんて。

                      高い!と、担当子に言ったら、

                      「じゃあオーナーに電話する」と言い、
                      その話をしたところ、

                      「だったら自分で塗りなさい」
                      と、言ったそうです。

                      いいです、払います!!(←やけくそです)


                      朝の時点で、負担金、10480元と出ました。

                      「夕方、オーナーと部屋を見に来る。
                      そのときにこのお金はオーナーに支払って。
                      あと、もし他に直すところがあったら、
                      お金払って。」

                      と言って、担当子は一度引き上げていきました。


                      怖いなーーーー。
                      どんな取り立て!?


                      で、このオーナーは、一月ほど前、
                      私たちが日本に帰るから退去すると聞いたとたん、
                      すぐに「下見の客」をよこすようになり、
                      もう、いい迷惑です!!

                      「今日10時にお客さんが行く」と、10時に電話が来るんです。

                      私だったら、他人が生活してる部屋を見ても
                      借りたいとも思いませんけど。

                      しかも、土足禁止エリアに、平気でずかずかと土足で上がってきます。
                      そのあとの掃除もまた大変。

                      不動産業者が、土足禁止だって言ってるのに絨毯に土足で上がったので
                      そのあと洗濯しなくてはならなかったり。

                      引っ越しに持つ搬出後、
                      掃除してたら下見客が急に来て。
                      しかもまた土足。


                      私、自分が入ったときに、ベッドの下に髪の毛が落ちていたり、
                      毛足の長いカーペットがほこりだらけだったりした物だから、
                      事前にクリーニングに出せる物は出したし、
                      また、洗濯できる物は当日の朝からも洗濯したりして、

                      掃除も、ガスコンロに始まり、冷蔵庫の中とか
                      ホントに時間がある限りがんばってしたんです。

                      なのに、オーナーたち、
                      掃除したのにまた汚すようなことして…
                      (キッチンは土足で歩いたりして)
                      これじゃそこまできれいにしなくても良かったのか
                      と、がっかりしました。


                      まぁ、退去チェック、隈無くやって、
                      他にお金が取れないとわかったようで、
                      最終的に10480元で変わらず、納まりました。

                      というわけで、退去にかかる費用、合計12480元でした。

                       

                      水道光熱費に関しては
                      月に350元は家賃の中に含まれていますが、
                      オーバー分は自己負担でした。
                      不動産屋の怠慢で、1年間分一括で支払い。
                      3800元弱でした…。

                      こんなにドカンと払わせないで欲しいです。


                      とにかく、この物件は大はずれでした。

                      ローカル不動産会社は、オーナーの意向を尊重しますし、
                      間を取り持つようなことはしてくれませんでした。

                      壁の塗り替えに関して、前例はあるかと聞いたら、
                      「今まで聞いたことがない」としながらも、
                      オーナーが言っているから…の、一点張り。

                      次はたぶん○和不動産が扱うことになると思うので、
                      ここまでオーナーの要求が通るとは思いませんが、

                      もし、お子様連れで入居を検討されるようでしたら、
                      やめた方がいいです。
                      ひどい目に遭いますよ。

                      オーナーのセンスも疑っちゃいますし。


                      窓からの景色はこんな感じです。

                      おまけに、新作の標準設備(エアコン&ガス)は故障が多いです。
                      特にエアコンは、気の利いたオーナーが入れ替えでもしてくれない限り、
                      利きは悪いし、水漏れもします。
                      家電製品上のエアコンには要注意です。


                      部屋の中の写真を撮って帰ってきたかったのですが、
                      退去するにあたり、30分準備の時間をやるから
                      その間に出て行けと言うので、慌てて荷造り(スーツケース)して
                      出てきました。


                      朝早いフライトなので、ホテルに前泊と決めておいてよかったです。

                      出ていけって言われて、
                      もしホテル予約してなかったらどうしたんでしょうね(爆)


                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      jugem plus

                      travel

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM